土地探しのルールとその理由|新築注文住宅なら富山県滑川市にある野末建築へお任せください。


0120358406

お問い合わせ以外の方(業者様等)は
076-475-6361まで

友だち追加

営業時間
9:00~18:00
定休日
水曜日
お問い合わせはコチラ

SIMPLE NOTE

土地探しのルールとその理由

土地探しのご依頼さえいただければ、

うちも土地探しをするのですが、

その際は、いちいち土地ごとに、

不動産屋さんに問い合わせをして

資料を送ってもらうのではなく、

いつも同じ不動産屋さんに

エリアと価格だけお伝えして、

まとめて資料を送ってもらうようにしています。

 

そして、送ってもらった土地を

全て自分たちで見に行き、

物件を選定した上で、

ご提案させていただいています。

 

おはようございます。

不動産屋さんにいつも厳しい予算で

土地探しをお願いするので、

時々、予算にゆとりがあったりすると、

「えっ!?」ってびっくりされてしまう

Kanonstylehome! 野末建築の”Enzou”です。

 

では、そうしている理由について

今回はお伝えしていきますね。

 

まず、なぜいつも同じ不動産屋さんに

お願いしているのかと言うと、

うちからの依頼は、

他の建築会社さんからの依頼に比べて

かなり儲けが少ないからです。

 

不動産屋さんの儲けは、

土地の価格に依存するので、

(土地の価格にパーセンテージを乗じて計算するからです)

平然と相場の半値ぐらいで探して欲しい

とお願いしてくるうちからの依頼は、

向こうからしたら全くおいしくない話です。

 

土地の価格に関係なく、

かかる手間と労力は同じですからね。

 

この上、散々あちこち動かされた結果、

他の不動産屋さんで決めました、

なんて言われたら、

もうやってられないですよね・・・

 

だから、たとえ少なくとも、

毎回、絶対にその方に手数料が入るように

しているというわけです。

 

これが、結果的に、

家を建てるお施主さんに

良いこととして跳ね返ってくるわけですしね。

掘り出し物情報を、

優先的に回してもらえるという形で、です。

自分自身ではやりにくい価格交渉も、

積極的にやってもらえますしね。

 

絶対ルールは予算が分かってから

 

では続いて、

探し方のルールについてお伝えしていきますね。

 

土地を探す時、

絶対にやってはいけないことが、

自分だけで勝手に予算を決めて

探し始めるということです。

これはホントサイアクです・・・

 

これをやってしまうと、

99.9999%高い土地を買ってしまい、

大幅に予算オーバーすることになります。

そして、それが後々あなたの家計を苦しめ続けます。

 

例えば、あなたが住みたいエリアの

土地相場が1000万円だとします。

そして、あなたが払えるローンの

上限額が毎月8万円で、

自己資金がゼロだとします。

 

この場合、家にどれくらい予算を

使うことが出来るかお分かりになりますか?

 

この場合、土地や諸経費などを

全て差し引いていくと、

1400万円ぐらいになるのですが、

あなたが希望する家が、

その予算では全く話にならないとしたら、

これは非常に厳しい現実ですよね・・・

 

それゆえ、この場合は1000万円ではなく、

もっともっと低い予算で

土地を探すようにしないといけない

というわけですね。

 

そして、その現実を知るために

しなければいけないのが、

土地の予算決めというわけですね。

 

どんな家を建てたいかも明確にする

 

そして、もう1つ決めておかないといけないことが、

どんな家にしたいのかということです。

 

この理由は2つです。

1つは、自分が建てたいと思っている家に、

一体どれくらい予算がかかるのかを

あらかじめ知っておいた方が、

より具体的に土地予算が出せるから。

 

そして、もう1つの理由が、

建てたいと思っている

家に合わせて土地を探すことが出来るからです。

 

だから、この話も

予算を決める資金計画の時に一緒にしておくと、

なおのことあなたにピッタリの

土地選びが出来るようになるというわけですね。

 

いかがですか?

これが、うちが土地を探す時に

いつもやっていることです。

 

まっ、いくらでもお金をかけてもいい

と思っている方は、

こんなこと一切気にせず

探してもらってもいいんですが、

仮にあなたが、少なからず

お金に不安を感じているとしたら、

ぜひぜひ、この流れを

参考にしていただければと思います。

 

これ、めちゃくちゃ大事な話です。

それでは、、、

 

 

ページトップへ戻る